WHY CHOOSE Lingual Jingle

選ばれる理由その1

 英語の骨格

「もっと話せるようになりたい」という方の中には、たとえば「単語が出てこない」と悩む方もいれば、「会話はなんとかなるけれど複雑な内容までは無理」とおっしゃる方もいて、その状況はいろいろです。

あなたはいかがですか。

人それぞれ、次のステップは違いますが、いずれの段階でも共通するのは、先に知識を増やそうとするのではなく、英語を本質に基づいて再構築していくこと。体でいえば整体です。基本の型から複雑な構図まで、文法の応用力はもちろんのこと、それを英語的な発想につなげて活かすことが、あなたの英語の骨組みをさらに強くします。

中目智子のトレーニングでは、英語の型としての骨格づくりに発想の柔軟さを掛け合わせながら、あなたの英語の土壌を築き耕し、どこまでも伸びる可能性につなげます。

 

選ばれる理由その2

 英語の筋力

英語学習者の中には、たとえば、「学習が続かない」「成果が感じられない」といって、その度に新しい教材を買うなど手を広げてしまう方がいます。また、ピントがずれた方法で長年続けてしまっている方も見受けられます。

あなたはいかがですか。

話す・聴き取る・書く・読む の4技能は互いにリンクしています。大切なのは、それらを連携させて効果的にトレーニングすること。体でいえば筋トレです。適切な素材を使い、適切な目的・方法で使うだけで、トレーニング量に比例して実力がついていきます。英語が「自然に動かせる、使えるスキル」になると、文字通り、それを体が感覚で教えてくれます。

中目智子のトレーニングでは、言語4技能の相互作用で英語の筋力をつけ、ストレスなく英語が理解できる、使える、という自信をつけます。

 

選ばれる理由その3

 英語の思考

英語で伝えようとして、たとえば、「話がまとまらない」「同じ表現しか使えない」「ニュアンスが気になる」という方がいます。また、社交の場で気軽に会話ができない方も多くいます。

あなたはいかがですか。

英語を使う場面で必要なのは、反応の速さ、テンポの良さ、そして、簡潔さ。鍛えるのは情報処理力と瞬発力。いわば脳トレです。会議、雑談、報連相、道案内 ... など、様々な英語コミュニケーションの場を想定して、より実践的なシミュレーションをすることで、英語的なロジックや発想への切り替えが速くなります。

中目智子のトレーニングでは、英語を使う現場にいる方には翌日からすぐに役立つ内容で、そうでない方にはリハーサルの場としての設定で、口頭でも文面でもシミュレーションを積み、伝える力を磨きます。

 

© 2022 Lingual Jingle